製品例①

肩装具

肩を一定の肢位で保持、固定するのが主な目的です。

肘装具

肘装具肘の動きを制御します。固定の他、継ぎ手を使用することで拘縮改善や可動域訓練をおこなうことができます。プラスチック製以外にサポータータイプなどもあります。

把持装具

脊髄損傷などで把持動作が不能な場合に用いられます。

手関節を背屈させることで、母指、次指、中指でのつまみ動作が可能となります。

対立装具

母指と他の4指を対立位に保持するための装具です。

正中神経麻痺により、対立位をとることが難しい方に適応となります。

手関節装具

カックアップ手指から前腕におよぶ装具で、運動制御や補助、拘縮改善、保持、固定などが主な目的です。

上肢装具の中では最も種類が多いです。

手装具

手指または中手指節関節の障害に対して改善、補助のために用いられます。

指装具

指の運動補助や拘縮改善、固定、良肢位の保持などの目的で使用します。


下肢装具

股関節脱臼用装具

股関節の可動域を制限することで脱臼を防ぎます。

長下肢装具

膝を支える筋の筋力低下や麻痺、その他疾患により立位がとれない方に使用します。

膝折れしない構造で立位~歩行のリハビリなどに使用します。

膝装具

変形性膝関節症や靭帯損傷など膝の疾患や術後に使用されます。

疼痛緩和、変形の矯正、運動補助、動揺防止など目的別に様々なタイプの装具があります。

プラスチック製短下肢装具

SHB片麻痺などによる足先の下垂を防ぎ、プラスチックが撓むことで足関節の動きに追従できます。

また、継ぎ手をつけてより可動域を大きくしたものもあります。

金属支柱付短下肢装具(屋内用/屋外用)

SLBプラスチック製のものより矯正力と耐久性に優れ、足関節の継ぎ手で可動域の調節が可能です。

足関節用装具

捻挫に対する固定や安静、軽度の内反尖足を呈する足部を矯正するために使用します。


体幹装具

頸椎装具

頭部、頸部、体幹のアライメントを保持し、頸部の安静や免荷、運動制限などを目的に使用されます。

頸部は可動域が大きい箇所なので、装具だけに頼らず、ご自身でも動かさないよう意識する必要があります。

体幹装具

脊椎の可動域制限や疼痛緩和などの目的で使用され、目的とする箇所により胸腰椎装具、腰椎装具、腰仙椎装具などに分類されます。

手術後などしっかりと固定させたい場合にはプラスチック製のものが使われます。

一般的に目にする布製のコルセットは低下した筋力の代わりに体を支え、さらに腹圧を高め、脊椎にかかる圧を分散させる効果があります。

側弯症用装具

骨が成長する10代に多い、側弯症のための装具です。

湾曲した脊柱に装具で矯正を加えつつ、自身の成長力で側彎の進行を防ぎます。


足底装具・靴型装具

インソール/足底板

インソール靴に入れたり、足底に装着することで過剰に圧がかかっている箇所の免荷を行ったり、正しい骨並びの状態で保持したります。

偏平足や軽度な外反母趾、踵骨棘などの足の障害の他、軽度~中度の変形性膝関節症にも有効です。

靴型装具

整形靴変形や痙性、可動域制限などにより市販されている靴を使用できない方の為に、それぞれの状態に合わせたオーダーメイドの靴を制作いたします。


小児用装具

リーメンビューゲル

先天性股関節脱臼に適応され、股関節を安定した肢位に保持します。

短下肢装具

小児SLB主に脳性麻痺により、足部に変形、痙性のある方が歩行する為に使用します。

革の色は多数ご用意しておりますので、お子様に好きな色を選んでいただき、制作することができます。